クールアガー

すぐ固まり室温でも型崩れしない、つるんとなめらかゼリーの素

クールアガー

すぐ固まり室温でも型崩れしない、つるんとなめらかゼリーの素

    クールアガー

    ただいま品切れ中です。

    容量・種類を選んでください

    海藻抽出物と豆科の種子精製物を主成分としたゼリーの素です。ゼラチンと寒天の長所を併せ持ち、弾力のある食感とクリアーな透明感が特徴です。
    海藻抽出物と豆科の種子精製物を主成分としたゼリーの素です。ゼラチンと寒天の長所を併せ持ち、弾力のある食感とクリアーな透明感が特徴です。

    購入形態を選んでください

    いつでも解約できるお得な定期購入がオススメです

    個数に応じて5~16%オフ!

    定期お届けコースとは

    1点 通常価格
    618
    (税込)

    数量

    <合計金額表示に関して>
    数量に応じた合計金額は購入するボタンをクリック後にカート画面にて表示します。

    商品特徴

    海藻抽出物と豆科の種子精製物を主成分としたゼリーの素です。クールアガーはつるんとなめらか、つややかで透明感のある口溶けの良いゼリーを作ることができます。

    • 固まるのが早い
      常温(30~40℃)で固まりますので、スピーディーな調理が可能です。
    • 固め直しOK
      軽く再加熱すれば(60~70℃)再び溶け、固め直しができます。
    • 無味無臭
      透明で無味無臭なので、味付けは思いのまま。アイデア次第でバリエーションは無限です。

    成分・注意点

    成分

    販売名:クールアガー(100g)

    名称
    食品添加物(ゲル化剤製剤)
    内容組成
    ローカストビーンガム(マメ科の種子抽出物) 11% カラギーナン(海藻抽出物) 9% リン酸ーカリウム 3% ぶどう糖 77%
    標準使用量
    1.3〜1.6%
    ※処方、糖度によりゼリーの固さは変わります。糖度が高くなると、ゼリーの固さやゼリー液の粘性も高くなります。
    内容量
    1袋(100g)
    保存方法
    本品は吸湿しやすいので、高温・多湿・直射日光を避け、常温で保管してください。
    栄養成分表示 100gあたり
    ・エネルギー 330kcal・たんぱく質 0g・脂質 0g・炭水化物 88.0g・食塩相当量 0g
    *当社分析による推定値

    販売名:クールアガー(500g)

    名称
    食品添加物(ゲル化剤製剤)
    内容組成
    ローカストビーンガム(マメ科の種子抽出物) 11% カラギーナン(海藻抽出物) 9% リン酸ーカリウム 3% ぶどう糖 77%
    標準使用量
    1.3〜1.6%
    ※処方、糖度によりゼリーの固さは変わります。糖度が高くなると、ゼリーの固さやゼリー液の粘性も高くなります。
    内容量
    1袋(500g)
    保存方法
    本品は吸湿しやすいので、高温・多湿・直射日光を避け、常温で保管してください。
    栄養成分表示 100gあたり
    ・エネルギー 330kcal・たんぱく質 0g・脂質 0g・炭水化物 88.0g・食塩相当量 0g
    *当社分析による推定値

    注意点

    ご使用上の注意

    • ダマにならないよう、水によく分散させてから加熱してください。乾いた容器内で砂糖とクールアガーをあらかじめ粉末混合しておくと水に分散しやすくなります。
    • 果汁など酸味の強い物とクールアガーを一緒に煮立てると固まらなくなることがあります。
    • 調理品は傷みやすいので、冷蔵庫で保存のうえ、お早めにお召し上がりください。
    • ゼリー調理以外の目的には使用しないでください。

    保管上の注意

    • 本品は吸湿しやすいので、高温・多湿・直射日光を避け、常温で保管してください。
    • 誤飲・誤用を避けるため、小さなお子様の手の届かないところに保管してください。顆粒のまま口に入れると窒息の危険があります。

    使用方法

    1)ダマにならないよう、あらかじめクールアガーを砂糖などの粉末材料と混ぜあわせておきます。

    2)水に、1)を撹拌しながら徐々に加え、よく分散させます。

    3)中火で静かに混ぜながら溶かして、煮立ってきたら火から下ろします。

    4)容器に流し入れ、冷やし固めます。(粗熱をとる場合は60-50℃以下になると固まりはじめますのでご留意ください)

    • ゼリー液200cc(1計量カップ=2人分)に対して、2.6g(1.3%)〜3.2g(1.6%)が標準的な使用量です。
      計量の目安:大さじ(15cc)すり切り1杯で約9gです。
    • 酸味の強いゼリーを作りたい場合
      酸味の強いものと一緒に煮立てると固まりにくくなります。果汁、ワイン、梅酒、レモン汁などはクールアガーを溶かした後に加えてください。
    • 使用量について
      酸味の強いゼリーの場合は2%、酸味のないゼリーの場合は1.3%~1.6%を目安にお好みにあわせて加減して下さい。
    • 注意点
      ミルク蛋白と酸が一緒になると、ゲルが崩れる性質があるので、ヨーグルトゼリーなどには不向きです。